お問い合わせ : 03-5411-1931

2020/08/24(月)

おしゃれに疎い国、NZの定番プチプラファッションブランド English Life えいごで暮らす In New Zealand

オリジナルリンクは以下から

https://englishlife.site/nz-cheap-fashion/

ニュージーランドは、おしゃれがあまり盛んではない国です。

日本ではお店の数もさることながら、チープファッションからハイブランドまで本当にさまざまなブランドのお店があり、一時帰国するたびにその選択肢の多さに圧倒されます。

私も日本での会社員時代は、給料がでるとショッピングで散財していましたが、今では1年に1着買うか買わないかの生活になってしまいました。笑

というのも、やはりこちらの環境が影響しています。

ファッションに対する意識の違い

日本では流行の服が雑誌、店頭で紹介され、いつの間にか「欲しい」と頭に刷り込まれている感がありました。

東京に住んでいる時は特に、人の目もあるし、ある程度ちゃんとおしゃれをしないと外にも出掛けられないというプレッシャーを感じていました。

ファッション雑誌だけでも、男性向けから女性向け、10代向けから40代、50代向け、カジュアルからハイエンド、はたまたモードスタイルからロリータスタイルなど、何十種類もの選択肢があり、それだけファッションへの需要が高いことが分かります。

それに対してニュージーランドは、流行を追うスタイルのファッション文化は主流ではありません。

ファッション雑誌の数は明らかに少ないし、流行とは関係なく皆それぞれ着たい服を着ています。日本と比べておしゃれな人も少ないので、自分もおしゃれしなきゃ、というプレッシャーを感じることもなくなりました。

また、物理的に、選択肢が「超」限られているというのも、おしゃれから遠ざかる一つの理由になっていると思います。

続きはオリジナルサイトで!https://englishlife.site/nz-cheap-fashion/